So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

文殊菩薩の真実に迫る 目次 [時事]

~文殊菩薩の真実に迫る―本物の文殊菩薩霊言を探して~
本日買いました。
まだ読んでいません。
目次だけ紹介します。
文殊菩薩の真実に迫る―本物の文殊菩薩霊言を探して文殊菩薩の真実に迫る―本物の文殊菩薩霊言を探して
大川 隆法

幸福の科学出版 2011-03-31
売り上げランキング : 345

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


『文殊菩薩の真実に迫る』 目次
まえがき
1.本物の文殊菩薩霊言を探して
 今回の問題の本質は「教祖権をめぐっての争い」
 「本物の文殊菩薩は誰なのか」を明らかにしたい
2.真正なる文殊菩薩を招霊する
3.文殊菩薩の真実の姿
 アショーカ王の時代に、南インドで在家運動を起こした
 「獅子に乗り、剣を持っている」姿から見て、文殊は男性である
4.インド・ネパール巡錫をどう見たか
5.教団の私物化は許されない
 私は「大川きょう子の守護霊」ではない
 大川きょう子は独裁的傾向の非常に強い人
 徳の根源は「無私なる責任感の重さ」にあり
 教祖権と教団運営の両面で混乱が起きている
6.きょう子氏側の”名誉毀損の訴え”は正当なのか
 弟子の間違いを指摘するのがマスターの仕事
 ここ三、四年は「ユダの意識」が強くなっている
 きょう子氏の「頭のよさ」は悪徳商法的なもの
7.文殊菩薩の教えと、その転生
 私は「智慧」と「空の教え」を中心に据えて大乗運動を起こした
 天台智顗こそが文殊の生まれ変わり
8.裁判所には「霊言の内容」を判断できない
9.子供たちの目から見た「両親の実像」
 長男を見て、「母に反抗したら、どうなる」が分かった
 私たちは弟子の立場を堅持し、父を「先生」と読んでいる
 父は人を育て、母は人を捨てる
 子供の教育に関して、父の言うことをきかなかった母
 父を信頼し、母には「面従腹背」をしていた
 父は「公人としての意識」が強くなってきている
 私は主に「天台」と「木戸孝允」の意識で教団を指導していた
10 文殊を「大乗の祖」と呼ぶことの問題点
 祖師より弟子を偉大だとする言い方は間違っている
 文殊も天台も、「釈迦の本心は、どこにあるか」を考えていた
 「法を説くは師にあり。法を弘めるは弟子にあり」
 仏陀に対する信仰のない”文殊”はいらない
11 ”文殊菩薩の指導”に関するさまざまな疑問
 きょう子氏の霊道現象を検証する
 ”文殊菩薩霊示”による祈願・公案・ご教示について
12 なぜ、「空の教え」を中心に説いたのか
13 龍種如来は仏教の守護神
14 大乗経典が、釈迦弟子を貶めて書いている理由
  新しい宗教をPRするには、「先のもの」を批判する必要もある
 「提婆達多の反乱」の背景にあるもの
  天台智顗が『法華経』を中心にした理由
15 今回の問題を、どう見るべきか
  次の飛躍のための「関門」をくぐり抜けよ
  霊的なものは、パネルが開く時期が来ないと分からない
  一定の「許し」を働かせることも必要
  きょう子氏については、「文殊の母だった」と言えばよい
16 まもなく宗教界の前ぷうが起きる

あとがき
nice!(0) 
共通テーマ:

nice! 0

アルファの日記
SEO対策済みテンプレート
サプリメント関連法律

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。